KIRIN PAGE

プランナーの戯言

時は金どころの騒ぎじゃない

Time is money

「時は金なり」とは良く言ったもので、時間ほど貴重な資産はないと痛感している今日この頃。

意気込んでブログを始めたところ、更新が滞っているのには、一応しっかりと用意された言い訳がありまして、実は今年、転職を果たし、忙しくしておったからです。

前職では広告関係の会社でプランナー的な何かをやっていましたが、今回はある企業に企画担当として入社しました。
一応、業界では名の通った会社であり、グループ全体としては世界的な規模を誇る会社でもありまして、なんとまぁ残業に対して厳しい。

前職では、定時は言わば蜃気楼。見えているけど触れられない、到着できない。そんな存在でした。業務時間的には、テッペンを越えて次のテッペンを目指すような感じでしたので、残業はドリンクバーのようにおかわり自由の状態だったわけです。
それが辞めた原因の一つでもありますが、今の会社は、逆に残業ができないのが辛い。定時に上がるためには一分一秒たりとも無駄にできない。
事務のおばさまが「飲み会でカルアミルクを牛乳の一種だと思って飲んだら、酔っ払っちゃった」とかいう、非常に有難い話を聞いている時間も惜しい。

人間がもつ資産のなかで、もっとも大切にしなければならないのは、時間であって、この有限資産をどう最適配分するかを考える毎日です。