KIRIN PAGE

プランナーの戯言

牧歌的憂鬱

「豊かさだ。豊かさが自由を奪ったんだ。」
また始まったなと思った。彼はときどき突拍子のないことを言う。

「僕たちは裕福だ。食うに困ることはなく、毎日気ままに暮らしている。」
先ほど手をつけたばかりの食事もほどほどに、彼は語り出した。

「それを世間では、自由と呼ぶと思うけれども」
私がさえぎると、彼はさらに熱っぽくなる。

「わかってないな。真の自由とは、不自由さの先にあるのだよ。誰かに与えられたり、ましてや、生まれもつものではない。不自由な中で、激しく希求して、初めて手に入れるものなんだ。」
「僕らは生まれてこの方、不自由など感じたことがないだろう?」

確かに彼の言うとおり、私たちは、なに不自由なく暮らしてきた。広大な領地があり、身の回りのことは使用人まかせ。何もしなくても食事は出てくるし、毎日することと言ったら、散歩か世間話ぐらいだ。
仕事などしたことがない。

「このままでは、豊かさに押しさぶされて、何の中身もない、空虚な一生になるだろう。それだけは御免だね。」
彼が言いたいことはわかる。ただ、私たちは、ずっとこうなのだ。今さら、この生活を、捨てられるとは到底思えない。

「いまの暮らしをきっぱり捨てて、どこかで『不自由な』暮らしをおくるつもりかい」
冗談めかして聞いてみたが、一切迷いのない表情で、彼は言った。
「そのつもりさ。使用人にも話をつけてある。」
思わぬ返事に沈黙してしまった。
彼は本気なのだろうか。一通り話し終えたからか、彼は食事を再開した。私たちは、気まずさを誤魔化すように、黙々と食べた。

これが、彼との最後の会話になった。
結局のところ、彼が真の自由な生活を、手に入れたかどうかは分からない。
ただ、話し相手を失った私は、初めてこの生活に不自由を感じ、そして、自由を求めている。


ーーー彼は確かに、使用人の運転する車で、遠くへと旅立った。

運転する車の中で、使用人が電話をしている。

「はい。いま向かっています。うちの牛は完全放牧なんですよ。ええ。肉質は保証します。」